医療脱毛と聞いて痛いものを想像する人が多いですが、この痛さというのはレーザーによって毛を焼き切る際に発生する熱が大きな要因です。
肌の奥深いところまで暖める必要があり、肌の表面部分はかなり熱くいわばヤケドのような状態になるため、痛さを感じることになってしまいます。
その点、痛くない医療脱毛では皮膚を冷却させることで表面部分が熱くなりすぎてヤケドのような状態になることを防げます。
一方でこれまで肌の奥深い部分までレーザーを照射させていたやり方を見直して、肌の表面部分までにすることで痛さを軽減することが可能です。

痛みの理由とは

これまでの医療脱毛では毛母細胞のところに照射し破壊させてきました。
もちろんこれでも十分な効果がありますが、痛さという点ではかなりのものがあり、ちょっとした麻酔を使わないと耐えられない人もいたほどです。
最近登場した痛くない医療脱毛は毛母細胞につながっているバルジ領域という部分があり、これをレーザーで破壊させます。
皮脂腺の近くにあるとされ、深さでいえばさほど深いところにはないことから、レーザーを用いても表面部分だけで事足ります。
ここに冷却装置をつけるなどして照射してもすぐに冷却するシステムを用いていけば、痛さを感じにくくさせていくことができるようになります。

波長の長さ

他には波長の長いレーザーを用いるケースもあります。
波長が長くなることでマイルドな形で毛根までレーザーを届かせるため、通常は日焼けをした人などは医療脱毛ができないとされていましたが、それができるようになっています。
また吸引式脱毛と呼ばれるものも医療脱毛には存在し、肌を吸引しながらそこにレーザーを当てていくというやり方です。
満遍なく当てられるだけでなくレーザーとの距離が近くなるため出力を低くしてできる点も魅力です。

痛い医療脱毛は何の配慮もなくレーザーを使っているようなもので、痛くない医療脱毛は何かしらの配慮や工夫がなされています。
痛くないやり方はいくつもあるため、これらで実践したいところです。