医療レーザー脱毛と聞くと、医療用なのでリスクがなく安心して受けられると思われる方も少なくありません。
脱毛サロンより効果が高いメリットはありますが、効果が高い分痛みが強いというデメリットもあります。

医療レーザー脱毛の痛みとは

熱い輪ゴムを打ち付けられたような衝撃が毎回あります。
脱毛する範囲が広ければその分耐えなければいけません。

痛みに強く大丈夫という方は良いかもしれませんが、痛みに対して免疫がなかったり、肌が弱い方は肌荒れや火傷などのトラブルになることもあります。
レーザーを当てた部分がしばらく赤くなることもあり、赤みが引くのに2日から3日かかる方もいます。

刺激が加わることによって細かった毛根が太くなり、濃い毛が生えてくることもあります。
脱毛をしに行っているのに、毛がより目立ってしまうのは納得のいかない現象ですが、実際にそのようなトラブルが起こっている方もいらっしゃいます。

医療レーザー脱毛は、脱毛サロンよりも料金が高いです。
部位によってはサロンよりも安くで脱毛できる場合もありますが、ほとんどの場合は高額な料金がかかります。

格安脱毛サロンに注意

格安の脱毛サロンはトラブルが起こりにくく手軽に利用できる分、トラブルが起きた時などはすぐに対応できません。
また皮膚の専門医ではないので、カウンセリングを受けていても不安は残ります。

その点医療レーザー脱毛を受けに行くと、医療機関なのでトラブルがあった際はすぐに対応してくれます。
脱毛を行う前のカウンセリングでも、肌のトラブルになりやすいことなどの説明や、それに対しての治療方針などか詳しく説明してもらえるので安心して受けることができます。

費用が高くて効果が高い分デメリットが多くありますが、安心して受けることができます。
肌トラブルなどが心配な方は、デメリットなどを踏まえた上で医療レーザー脱毛を受ける方が良いです。
事前のカウンセリングで自分の肌質などを医師に伝え、適切な処置を行ってもらえるようにするべきです。